【映画「予告」で英語学習】ホビット:竜に奪われた王国  The Hobbit: The Desolation of Smaug Final

      2016/05/05

【映画「予告」で英語学習】

ホビット:竜に奪われた王国  The Hobbit: The Desolation of Smaug Final

映画予告のセリフです!

英語学習に役立ててください!(訳は著者による)

 

 



The Lord of silver fountains,  「銀の滝の神」

The King of carven stone,  「彫刻石の王」

The King beneath the mountain. 「山の下の王」

Shall come into his own.  「あるべき地位にお戻りになる」(come into his own: 真価を発揮する、当然のものを受ける)

And the bells shall ring in gladness 「そして喜びに満ちた鐘がなる」

At the Mountain-King's return. 「山の王が戻る時に」

But all shall fail in sadness, 「しかし悲しみに倒れるだろう」

and the lake will shine and burn. 「そして湖は輝き、燃え」

You have no right... 「あなたには権利はない」

No right to enter that mountain! 「あの山に入る権利はない!」

I have the only right. 「私こそ唯一の権利を持っている」

What is this place? 「ここはなんだ?」

The desolation of Smaug. 「竜の廃墟だ」(Smaugは竜の名前)

Destroy the dragon, 「竜を滅ぼし

take back your homeland. 我らの故郷を取り戻そう」

The Dwarf will never be king! 「ドワーフが王には決してなれない」

Our time has come again. 「我らの時代がまたやってきた」

It is not our fight. 「私たちの戦いではない」

Are we not part of this world? 「私たちはこの世界の一部ではないのか?」

You seek that which would bestow upon you the right to rule. 「君はそれ探せ。そしてそれが支配権を君に与えてくれるだろう」(bestow: 授ける、与える)

The Arkenstone. 「アーケンストーン」

What's that? 「あれはなんだ?」

That, 「あれか

Master Burglar, 盗人さんよ

is why you're here. あれが君がここに来た理由だ」

They are in grave danger. 「彼らはとても危険な状況にいる」(grave: 墓、墓地、厳粛な、深刻な)

The world is in grave danger.  「この世界が危険な状況だ」

I fear for you! 「お前のことが心配だ」

If this is to end in fire, 「これが炎の中で終わるなら

then we will all burn together. 我々は共に燃えようじゃないか」

You can't give up now! 「いまは諦められない」 

It never ceases to amaze me, 「私はいつも驚かされる(それは私を驚かせることをやめない)」(cease: やめる、とめる)

the courage of Hobbits. 「ホビットの勇気に」(courage: 勇気)

I am King under the Mountain! 「私が山の下の王だ!」


 

この映画のアクションはいつもすごいですね~。

特にこの回は、映画の時間の80%くらい戦ってた気がします笑。

とにかく、映画の予告の方はかなりワクワクする内容ですね!

これを使って勉強しちゃってください!

サイト内検索 Search

 - 予告セリフ