【映画予告で英語学習】メイズランナー2:砂漠の迷宮 Maze Runner: The scorch Trials 

      2016/04/24

メイズランナー2:砂漠の迷宮(Maze Runner: The scorch Trials)の予告編のセリフです(日本語訳は著者による)

英語学習に是非役立ててください!

 

 

Thomas, it’s okay.  (トーマス、大丈夫よ)

Thomas! (トーマス!)

Wake up, we gotta go! (起きろ!行くぞ!)

Come on! (こっち来い!)

The world outside is hanging on by a very thin thread. (外の世界は細い糸にぶら下がってるみたいなもんだ)

It’s only a matter of time before the Flare virus wipes the rest of us out. (フレアウイルスに全員やられるのは時間の問題だ)

This entire facility is designed to keep you safe. (この施設は君たちを安全に保護するためにできている)

Where are they taking her? (あいつら、彼女をどこに連れていくつもりだ?)

They’re hiding something. These people are not who they say they are. (あいつら何か隠している。あいつら、裏の顔を持ってるはずだ)

Thomas! What did you see? (トーマス。なにをみた?)

We never escaped. (俺たちは逃げてなんかいなかったんだ)

It’s WICKED. It’s all just been part of their plan.(WICKEDだよ。全部あいつらの計画だったんだ)

I really only have one question. (俺の質問は一つだ。)

Whose side are you on? (お前はどっちにつくんだ?)

Come on! Thomas! (こっちにこい!トーマス!)

The Maze is one thing, but you kids won’t last one day out in the Scorch! (迷路は大丈夫だったが、Scorchでは一日と持たないぞ!)

There’s something inside of us that WICKED wants. (俺たちの中にWICKEDが欲しがっているものがある)

So we can’t let them find us. (俺たちは見つかってはいけない)

You guys don’t have to come with me. I know we can make it. (お前らは来なくてもいい。俺たちは絶対大丈夫だ。)

Come on! Follow me! (こっちだ!ついてこい!)

No one’s come out of the Scorch in a long time. (Scorchから出てきたやつは長いこといない)

Let’s go (いくぞ!)

Go!(いけ!)

Go, go! (いけ、いけ!)

All those kids that we left behind, I don’t wanna end up like that. (俺たちが置いてきたやつらみたいにはなりたくない)

– Hello, Thomas. – You know me? (こんにちは、トーマス - 俺のこと知ってるのか?)

A lot our friends died for us to get this far. (ここまで来るのに、俺たちのために死んだ友だちがたくさんいる)

So we can’t give up. (だから諦められないんだ)

This is about everyone WICKED’s ever taken. (WICKEDに連れ去られた全員の問題だ)

They’ll never stop. (やつらは諦めない)

So I’m gonna stop them. (だから俺が止めてやる)

Don’t you want to know why this all happened? (なんで全てが始まったのか知りたいか?)

You’re so close to the truth. (真実まであと少しだ)

Brenda! (ブレンダ!)

Hang on! (捕まれ!)


 

  • gotta = get to = have to 「しなければならない」
    • 話し言葉ではよくgottaが使われます。
  • hanging on 「~にぶら下がる」
  • thin thread 「細い糸」
    • 糸が細い、と言うときにはthinを使うんですね!人の体とかも同じです。
  • wipes out   「ふき取る、消去する」
    • 今回は「人」が目的語なので、「全滅させられる」という解釈になります。
  • is designed to 「~するように作られている」
    • 例:designed to be carried under water 「水中で携帯できるような設計だ」、designed to kill people 「人を殺すことを目的とした」
  • hide  「隠れる、隠す」
    • 自動詞、他動詞どちらの用法もあります。
    • 例:hide a gun 「銃を隠す」、hide from the rain 「雨宿りする(雨から隠れる)」
  • These people are not who they say they are
    • 直訳すると、「彼らは彼らがそう言っているような人たちではない」となります。本人たちは「私たち、いい人ですよ!」と言っていても、実はそういう人たちではない、って言ってるんですね。
  • escape 「逃げる、自由になる」
    • escapeも自動詞と他動詞の用法があります。
    • escape a fire 「火災を逃れる」、escape from a trap 「わなから逃れる」
  • Whose side are you on?
    • 直訳すると、「お前は誰のサイドに付いているのか?」になりますね。答えるとするならば、I am on your side とかになると思いますが、疑問文の最後に前置詞を忘れることが多いので、注意!
  • last 「最後の、続く」
    • 今回は「続く」という意味なので注意。
    • 例:last for a long time 「長く持つ、長持ちする」
  • let 「~させる」
    • let you know 「あなたに知らせる」、let him die 「彼を死なせてしまう」、などなどいろいろな使い方ができるので、是非マスターしてほしい重要単語。
  • make it 「成功する、間に合う」
    • 例:I don't think I can make it on time. 「時間に間に合わないと思う」
  • end up 「結局~になってしまう」
    • 後ろに動詞が続く場合は - ingの形なので注意!
    • end up all alone 「一人で生涯を終える」、end up being poor 「最後には貧乏になる」
  • close to 「~に近い」
    • 前置詞はfromではなくto なので注意!from を使うのはfar from。
    • 例:close to a station 「駅に近い」
  • Hang on 「~にしがみつく。」
    • hang on a strap 「つり革につかまる」

 

Maze Runner、この映画は実際に見ましたが、なかなか面白かったです!

第一話とはずいぶん違った雰囲気ですが、これはこれでいいですね!予告だけでなく、本編も是非!

 

練習が大切です。

自分がこの映画の本編に出るつもりで頑張って真似してみてください!

ではまた!

サイト内検索 Search

 - 予告セリフ