【Trailer Script / 映画予告の英語】 Indignation (英語字幕・日本語訳)

      2016/07/17

Here is the script for the movie trailer, "Indignation". Enjoy! 

映画予告のセリフ・字幕です!英語学習に役立ててください!

Trailer Script / 映画予告の英語】Indignation

 

 

I see by your transcript that you're a remarkably gifted student.「成績表を見ると、君は突出した素晴らしい学生のようだ」

First in your family ever to attend college, scholarship from Newark Temple. 「君の家族の中で初めて大学に通い、ニューアーク寺院から奨学金をもらっている」

But, under religious preference, I see you didn't write Jewish, though you are of Jewish extraction. 「しかし、宗教の欄に、ユダヤ教と書いていない。しかし君はユダヤ人の家系だ」

I'm wondering why that is. 「どうしてなのかが気になるな」

I don't prefer to practice one religion over another. 「他の宗教をおいて、一つだけの宗教を信仰することを好まないのです。」

Praying, to me, is preposterous. 「祈りとは、私にとっては馬鹿げたものです」(preposterous: 本末転倒の、不合理な、非常識な)

Is it now? 「今でもそう思うか?」

Nonetheless, that is not what we are here to discuss. 「しかしながら、私たちはその話をするために来たわけではない」

Are you socializing enough? 「社交的に生きてるか?」

Yes, I am, sir. 「はい、先生」

Have you gone on any dates? 「デートはしたことがあるか?」

Dates? 「デートですか?」

Dates. 「そうだ、デートだ」

Uh, yes. 「えー、はい」

Yes, I have. 「はい、行きました」

One. 「一度だけ」

Just one? 「たった一度だけか?」

I want to hear all about your mother, and your father, the butcher. 「あなたのお母さん、お父さん、そして肉屋の仕事について、全て聞きたい」

And what it's like working in a butcher shop, and what the girls were like in Newark. 「肉屋の仕事はどんなものなのか、そしてニューアークの女性はどんな人たちなのか」

Relax. 「リラックスして」

Trust me, I'm trying. 「そうしようとしてる。信じて」

What worries me is Olivia Hutton's mental history, especially in light of the circumstances. 「私が心配なのは、オリビア・ハットソンの心理的ヒストリーだ。特にこんな状況を考えるとね。」(in light of: ~に照らせば、~を考慮すると)

Why did you come and stand under my window? 「どうしてここまで来て、窓の下に立っているの?」

Cause it just makes me feel like I'm making sure you're okay. 「こうしていると、君が大丈夫なことがわかるから」

She is weak. 「彼女は弱い」

A person so unstable is a menace to you, Markie. 「あんなに不安定な子は、あなたにとって厄介よ」

I'm afraid something terrible happened. 「なにかひどいことが起きたみたいだ」

I'm afraid I may have had something to do with it. 「そしてそれに僕が関係しているかもしれない」

What is it you think you did? 「何をしたと思っているんだね?」

サイト内検索 Search

 - 予告セリフ