【映画「予告」で英語学習】アントマン Ant-Man

      2016/05/05

【映画「予告」で英語学習】

アントマン Ant-Man

映画予告のセリフです!

英語学習に役立ててください!(訳は著者による)

 

 



Scott. 「スコット」

I've been watching you for a while now. 「しばらく君のことを見てきた」

You're different. 「君は普通じゃない」

Now don't let anyone tell you that you have nothing to offer. 「これからは誰にも、君が何もできないとは言わせるな」

Second chances don't come around all that often. 「二度目のチャンスはそう多くは来ない」

I suggest you take a really close look at it. 「しっかりと見た方がいいぞ」

This is your chance to earn that look in your daughter's eyes, to become the hero that she already thinks you are.  「娘の目に映っている君の姿を手に入れ、そして娘が信じている君の姿になるためのチャンスだ。」

It's not about saving our world, 「我々の世界を救うためではなく

it's about saving theirs. 彼ら(子供たち)の世界を救うためだ。」

Scott, I need you to be the Ant-Man. 「スコット。君にはアントマンになってほしい。」

Huh... 「そうか」

One question. 「一つ質問がある。」

Is it too late to change the name? 「もうその名前を変えるには遅いの?」


 

 

Now don't let anyone tell you that you have nothing to offer. 「これからは誰にも、君が何もできないとは言わせるな」のところですが、offerを「できる」という風に意訳しました。

offerは元々は「提供する」という意味ですね。

 

例えば仕事なんかでHe has nothing to offerと言った場合には、「彼に提供できるものはない=仕事ができない」ということになります。

 

今回は文脈があいまいだったので「できる」とあいまいに訳しましたが、元はそういう意味だったので覚えておいてください。

 

アントマン。名前が確かにかっこ悪いですね笑。

カタカナにしたら、何でも素敵に聞こえてしまいがちですが、訳したら「アリ男」ですからね笑

最近はデッドプールやアントマンみたいに、いろんなタイプのヒーローが出てきて面白いですね!これも是非見てみたいと思います。

 

では、今回もすべて暗唱できるくらい頑張って練習してください!ではまた!

 

サイト内検索 Search

 - 予告セリフ